スペイン菓子 ブログ お菓子工房ドゥルセミーナ 守谷市

スペイン菓子-地方菓子の由来、伝統菓子、スペイン菓子修行にまつわる話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マルメロの産地 北海道北斗市

おはようございます、スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。

先日、長野県諏訪市をマルメロの産地としてご紹介しました。
その他にもマルメロは各地で作られているようですね!

北海道北斗市もその一つです。
北海道 食彩王国
マルメロジュース、マルメロジャムなどにしたり、お風呂に入れたりするようですね。

是非上記のリンクをご覧ください。

PageTop

マルメロの里 長野県諏訪市

おはようございます、スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。

先日、お休みをいただき、長野県諏訪市へスミルナ(マルメロ)の生産地の一つである、長野県諏訪市へ行ってきました!
これまで3年ほど、秋にマルメロを送っていただき、スペインのお菓子を作ってきました。ずっと諏訪市へ行ってみたいと思っていたので、とてもうれしかったです!

諏訪市では、矢島農園さんや宮坂農園さんに伺い、マルメロのお話を聞かせていただいたり、農園を拝見させていただいたりしました。
下記に教えていただいたことをまとめます。
 
スミルナ(マルメロ):コーカサス地方原産でアメリカから1634年長崎に伝わり、明治になって諏訪市で栽培されるようになった。表面に保護毛がある。

在来種(本カリン):昔から諏訪市にあった在来種で、小玉で芳香が強くやわらかですが、収穫量が少なく、高価。表面に保護毛がある。

カオリ:スミルナと在来種を交配した品種で、大玉で芳香が強く、やわらかい。落ちやすい。

カリン:中国原産で、黄色い皮で表面がつるつるしている。

いずれも生食はできないため、加工する必要があります。
シロップ漬けやジュースなどが出回っています。
以前は家庭でもシロップ漬けなどを作っていたのだそうですが、現在ではあまりしなくなったため、需要が減ってしまい、生産量も減少しているとのことです。

私が作っておりますスペインのメンブリーリョはマルメロを使って作ります。
日本で是非広まって、微力ながらマルメロの消費量増加につながればと思っています。

長野県諏訪市は、日本酒の有名な酒蔵があることや諏訪温泉でも知られています。
新宿から特急あずさで2時間ほどですので、ぜひ皆さん訪れてみてください。

諏訪観光協会:0266-52-2111
諏訪観光協会


PageTop

製造スタッフ募集のお知らせ

スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナではお菓子を一緒に作る仲間を探しています。

募集職種 製造スタッフ、製造補助スタッフ(パート)

仕事内容 お菓子の製造、製造補助、包装、 など

経験 洋菓子店での製造経験のある方、製菓学校生や学校卒業の方は優遇いたします。

明るく、誠実な方。周囲の人と仲良くできる方。なるべくお近くにお住まいの方。(目安:通勤時間片道30分以内)

給与 お問い合わせください。経験者優遇いたします。(試用期間3カ月)

勤務時間 応相談 8時~16時の間で4時間以上、週2~3日以上(水曜定休)。

期間 9月中旬~2015年3月末(延長の可能性あり)

待遇 交通費支給(規定内)、割引制度有、ユニフォーム貸与、車通勤可能(無料駐車場有)、

日本では貴重なスペイン菓子専門店として、茨城から全国にスペイン菓子の情報発信をしています。

小さなお店で落ち着いてお仕事ができます。女性が活躍できるお店です。お菓子の製造関連だけではなく、接客やラッピングなど、いろいろなお仕事を経験できます。丁寧に指導いたします。

お問い合わせ先 スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナ 藤本まで
0297-45-2740
info@dulcemina.jp


PageTop

臨時休業日のお知らせ

おはようございます。スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本です。

2014年9月中の臨時休業日をお知らせいたします。
誠に勝手ながら下記の日程でお休みをいただきます。大変ご迷惑をおかけいたします。

9月9日-10日  火、水曜日
9月21日 日曜日
定休日:水曜日

よろしくお願いいたします。

PageTop

お菓子を通したスペインと日本の交流

おはようございます、お菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。
お菓子工房ドゥルセ・ミーナのホームページ

今日は、お菓子を通した、スペイン人の友人たちと私の交流についてです。
私は4年の間、スペインの各地を回り、沢山の現地の方たにお世話になりました。お菓子について教えていただいたり、言葉を教えてもらったり、滞在する部屋を貸してもらったり。。。沢山のご協力をいただきました。そして今でもそれは続いています。
今、日本で小さいながらも自分のお店を持って活動している私が思うのは、そういったことへの感謝の気持ちです。

一緒にお菓子修行をしていたスペイン人の友人達から時々、メールで日本の和スイーツについて質問を受ける時があり、今回、いろいろな代表的な和スイーツのレシピをスペイン語に翻訳し、プレゼントすることにしました。
蜜豆や、かき氷、白玉、餡の作り方 などなど、できる限り沢山のレシピをスペイン語に翻訳し、写真とともにファイルにして送る準備をしています。一緒に、手回しでできるかき氷の道具も送ります。

こういうことを通してスペインと日本の交流ができるといいなと思っています。

PageTop

NHK語学講座「テレビでスペイン語」にて当店ポルボロンが登場しました!

お菓子工房ドゥルセ・ミーナのポルボロン

お菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。お菓子工房ドゥルセ・ミーナのホームページ

NHK語学講座「テレビでスペイン語」の7月25日夜10時25分と、8月1日夜12時の回で、お菓子工房ドゥルセ・ミーナのポルボロンが登場いたしました!

昨日の回はスペインの、グラナダのゆったりしたビーチLa Playa de la Herradura やトロピカルフルーツでいっぱいの果樹園が紹介されていました。後半で、なんと、グラナダの修道院のポルボロンやマンテカードが紹介され、町のお菓子屋さんで作り方の紹介がなされるVTRが流れるという、とても面白いものでした☆

出演者の方々がその後食べるお菓子として当店のポルボロンが登場いたしました。

番組中で紹介されていたポルボロンのレシピ ご参考までに
=50個分=
小麦粉 1キロ
粉砂糖 500g
ラード 500g
アーモンド 50g
シナモンパウダー スプーン1杯  


PageTop

お菓子工房ドゥルセ・ミーナのホームページ

お菓子工房ドゥルセ・ミーナのホームページができあがりました!
まだまだシンプルな内容ですが、これから少しずつ内容を増やしてゆきたいと思っております。

↓↓↓お菓子工房ドゥルセ・ミーナのホームページは下記で見ることができます。↓↓↓

お菓子工房ドゥルセ・ミーナ ホームページ

よろしくお願い申し上げます。
お菓子工房ドゥルセ・ミーナ
藤本 恭子

PageTop

お菓子工房ドゥルセミーナのフェイスブックページ

お菓子工房ドゥルセミーナとしてフェイスブックページを作成しております。
スペイン菓子のご紹介をしていますので、よろしければ下記をご覧ください。

お菓子工房ドゥルセミーナのフェイスブックページ

PageTop

天然酵母に挑戦

IMG_0318_convert_20120815150335.jpg

スペインでならったパネトーネを天然酵母をつかって作りたい、と思い干しブドウを使って酵母を育てはじめました。本来パネトーネは、パネトーネ菌という子牛の糞から抽出した菌を使うそうですが、一般的には、ヨーグルトの種や、干しブドウの種で作っているようです。

オイルコーティングしていない干しブドウを熱湯消毒したビンに100グラム入れ、一度沸騰して冷ました水を目分量で入れます。熱湯消毒したスプーンやへらなどで一日2回かき回しながら発酵してくるのを待ちます。
かき回したときに泡が出てくるようになり、もう一日放置し泡の量が落ち着いたら、使用できます。
実際にやってみたのですが、ヨーグルトで4日、干しブドウで3日で使用できるようになりました。夏のため早いのかもしれません。

酵母は、天然と言わなくても、もともと自然界に存在していたものですので、スーパーで売っているインスタントドライイーストももともとは天然酵母です。どんなんに技術が発達しても、凝ったものを作っても、お菓子やパンなども食べ物は自然の恵みなんだな、思います。

PageTop

パンを焼く 



こんにちは。スペイン菓子工房ドゥルセミーナの藤本恭子です。
スペイン菓子やスペインの菓子パンのバリエーションを広げるため、世田谷区にある、Bread and Sweetsさんでパンの授業を受けています。夏休みで少し時間があったので、復習です。「プルマンブレッド」

小麦粉などの食品が気候変動で不作になっていたり、小麦粉が手に入らなくて困っている人たちも他の国にはいます。だから一つ一つ大事に、このパンを作れることを感謝しながら。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。