スペイン菓子 ブログ お菓子工房ドゥルセミーナ 守谷市

スペイン菓子-地方菓子の由来、伝統菓子、スペイン菓子修行にまつわる話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ガイドブックにはないスペイン ~チュロスの道具~

おはようございます。スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。

私はスペインへ旅行する際、ほとんど観光らしいことはせずに終わってしまうことがほとんどです。
ですが、観光スポットとは別のスペインを見れることが多いので、わくわくすることが多いです。
たとえば、修業時代の友人が始めたお菓子屋さんが郊外の住宅地にあるため、周りの人に聞きながらバスにのって村まで出かけるとか。
または、お菓子の道具を買いに、問屋さんやメーカーさんがある工業団地(Polígono Industrial)までいったり。もちろんそこまではバスがないので、友人に一緒に乗せていってもらったり、タクシーを使ったり。
ガイドブックにはもちろん載っていないから、予定通りにはいかないことがしょっちゅうで、そこがまた冒険みたいでわくわくするのだと思います。そういう所では、普段のスペイン人の生活が垣間見れたりもします。

今回の旅行では、チュロスの道具を少しかいました。イベントなどで使用できればと思っています。
チュロスの生地は比較的固く、絞り袋で出そうとすると、力の入れすぎで壊れてしまいます。
そのため、絞り出す道具があり、それをDosificadora(ドシフィカドーラ)といいます。
私の買ったのは小さな物で、手で持てますが、大きなものはタンクのようになっており、ハンドルで絞り出します。
口金はいろいろな形があります。☆とか十字などです。
今回の旅行の始めのほうで買ってしまったので、旅じゅう持ち歩く羽目になってしまいましたが、イベント出店が楽しくなりそうです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。