スペイン菓子 ブログ お菓子工房ドゥルセミーナ 守谷市

スペイン菓子-地方菓子の由来、伝統菓子、スペイン菓子修行にまつわる話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

節電?節約?お菓子の行方

日本では不景気と東日本大震災の影響で、若い方たちもバブル時代を経験した世代の方たちも物を買うことに慎重になったり、将来に不安をもって贅沢を控える傾向がありますね。

そんな節約時代の日本で、お菓子は節約対象になってしまうのでしょうか?
私はこのような時代において、お菓子は人々の生活と密接にかかわり、買うお菓子の種類は変わっても人々の生活と切っても切れないもの、であるとより強く感じるようになっています。

生活にゆとりや、楽しみや、彩を加えるものはお菓子だけではありませんが、食欲は万人に共通していますし、他の物では得られない楽しみを視覚や嗅覚、味覚で味わうことができます。例えば、ちょっとストレスを感じる時、友達とお祭りに出かけた時、お祝い事のとき、などなど、やっぱりお菓子があると楽しくなりますね。

以前の日経新聞で、買ってしまって無駄だったと思う物のアンケートが掲載されていました。そのナンバーワンがお菓子でした。ということは、皆さん本当は買いたいのですが、生活必需品ではないというイメージがあるために、無駄だと感じてしまうのですね。

節約?私にとってはお菓子は生活必需品です。皆さんにはどうですか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。