スペイン菓子 ブログ お菓子工房ドゥルセミーナ 守谷市

スペイン菓子-地方菓子の由来、伝統菓子、スペイン菓子修行にまつわる話など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

青森県への旅~続編~

おはようございます。スペイン菓子工房ドゥルセ・ミーナの藤本恭子です。

先日青森県へリンゴ農家さんを訪問させていただいたことをブログに書きました。その続編です。

五戸郡にあるリンゴ農家さんへ訪問の後、帰りの新幹線の時間まで、知り合いの方が案内してくださり、農産物直売所を何件か回ることができました!

加工用や自家消費用などに、とてもお買い得な価格で果物や野菜が販売されていました。
私はお菓子用に、果物に注目してみてみました。
リンゴ、洋ナシ、和梨、プルーン、ネクタリン、白桃、桜桃、ブドウ等です。
時期がもう少し早いと、チェリー、アンズやベリー系もあるそうです。

当店のある茨城県も果物や野菜の宝庫ですが、種類が異なります。
青森県のこのような果物にうれしくなり、持ってきたボストンバックいっぱいに買いました。
重かったのですが、試作や試食を思い浮かべてわくわくしながら持ち帰りました。

青森県だけではなく、日本のそれぞれの地域においしい果物があると思います。
現地に行くと生産者の方々にお会いできるだけではなく、その地域で、一般的にあまり知られていないけれども生産・流通されている果物を発見できるところがとても有意義だと思います。

今回の青森への旅で、改めて思ったことは、もっとたくさん生の果物を加工したり、使用したりしてゆきたいということです。
今後も地方へ出かけて国内のおいしい果物を発見し、ドゥルセ・ミーナのお菓子作りに生かしたいです。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。